レビトラのジェネリック医薬品

レビトラは、世界で2番目に発売されたED治療薬で、主成分として「バルデナフィル」が含まれています。レビトラのジェネリック医薬品は、「バリフ」という商品が代表的です。有効成分としてバルデナフィルが含まれているため、レビトラと同じ効果を発揮します。

*

レビトラのジェネリック薬は個人輸入がお得!

      2019/02/25

費用は薬代だけ

レビトラは、有効成バルデナフィル塩酸塩配合のED薬です。

レビトラはドイツの製薬会社で製造され、販売されています。

日本では、正規品で特許が有効なので、ジェネリックなどの販売がされていません。

しかし、個人輸入を利用すれば、レビトラのジェネリック医薬品が購入できます。

この方法をとれば、処方箋料は不要です。

また、送料は個人輸入業者が負担してくれることが多く、薬代のみで購入できます。

海外では、正規品で販売されているレビトラのジェネリックなので、効果はレビトラと同じです。

個人輸入をすることで、日本では購入できない正規品が購入できます。

レビトラのジェネリック医薬品は、個人輸入で手に入れましょう。

海外での購入にあたっては、個人輸入代行業者が代わりに購入してくれます。

楽天やアマゾンなどの、通販と同じ感覚で購入できるのです。

なるべく費用を抑えたいという人は、個人輸入代行サイトを利用してみてはいかがでしょうか?

まとめ買いでさらにお得に

レビトラのジェネリックは、個人輸入代行サイトを利用すると、まとめ買いをしておけば、お得です。

クーポン利用ができるのも、個人輸入代行サイトの魅力です。

レビトラのジェネリックを日本で買うには、個人輸入代行サイトを利用するほかありません。

日本では、特許期間が終わるまで販売できないのです。

ジェネリック医薬品といっても、海外でのメーカー承認薬なので、効果や副作用も同じです。

ジェネリック医薬品だからといって、体に悪かったり効果が低かったりするといったことはありません。

レビトラジェネリックを取り扱っている個人輸入代行サイトは、インターネットで検索すれば出てきます。

個人輸入は簡単にできるのです。

また、個人輸入代行サイトでは、まとめ買いができます。

まとめ買いすればするほどコストが低くなるシステムなので、買い溜めしておくことで、よりコストパフォーマンスを上げられます。

もし、レビトラのジェネリック医薬品が欲しいと考えているのであれば、個人輸入代行サイトを利用してみてはいかがでしょうか。