レビトラのジェネリック医薬品

レビトラは、世界で2番目に発売されたED治療薬で、主成分として「バルデナフィル」が含まれています。レビトラのジェネリック医薬品は、「バリフ」という商品が代表的です。有効成分としてバルデナフィルが含まれているため、レビトラと同じ効果を発揮します。

*

レビトラのジェネリック薬を通販や個人輸入で購入するには?

   

レビトラのジェネリックは通販で買う

レビトラのジェネリック医薬品には、さまざまな種類があります。

しかし、レビトラのジェネリック医薬品は、日本国内では薬機法の関係から厚生労働省が認可した医薬品しか流通できません。

また、病院で診察を受けて、医師から処方箋を出してもらう必要があるのです。

インドジェネリックであるバリフは、先発薬のレビトラと同様の成分を配合し同様の効果が得られます。

また、安全性も高く、価格も安いです。

しかし、日本では認可されていないので、国内では購入できません。

そんな中でも、インターネットの個人輸入代行サイトを利用すれば、バリフなどのジェネリック医薬品が購入できます。

個人輸入代行サイトは、日本語表記なので、一般的な通販サイトを利用するような感覚で薬が買えるのです。

購入金額が高額になったり、大量に購入してしまったりする場合には、関税が発生することがあります。

個人輸入代行サイトでは、バリフは、1箱10錠入りで、1400円前後です。

このぐらいの金額であれば、関税は気にする必要が無いので、安心です。

薬を通販で購入するためには個人輸入代行サイトを使う

日本国内では、通販で薬を販売するには、厚生労働省による認可を受けなければなりません。

しかし、個人輸入は、本人が使用する目的のみ認めるとされています。

2017年には法改正が行われ、これまで薬剤師から効果と副作用について説明を受ける必要がなくなりました。

オンライン通販サイトでは、商品紹介ページに薬剤師の署名つきで説明の文章を明記することで、販売が許されるようになったのです。

以降、最寄に薬局がない人でも、気軽に薬剤を購入できるようになりました。

その一方で、レビトラなどのジェネリック医薬品は、日本国内では流通が認められていません。

日本で認可されていない薬剤を購入するためには、個人輸入代行サイトを利用するのです。

個人輸入代行サイトでは、未認可の医薬品を、格安で購入できます。